2017年12月01日

森の男たち!!+テラちゃん

11月11日 野営場の天気 晴れ時々曇り
気温は20℃近くあがり、
かなり過ごしやすい朝を迎えました。

7FullSizeRender.jpg

この日の活動は、
午前中は勉強会を行いました。

ツリーハウスを造るにあたり、
やはり柱が必要という事になりました。家でいう大黒柱です。

11FullSizeRender.jpg

その柱を建たせるにあたり
地面はどうなるのか
柱が建っている地面の接地面のみが
沈んでいかないか???

このところ土曜日、日曜日が多様で、
久々のご参加
テラちゃん。
そのツリーハウスを一人眺めていました。

IMG_3828.JPG

このツリーハウスの大黒柱の地面との接地面問題
その対処の答えは
粉体工学概論
です。

砂利や土を置く事により
一点集中では無く、
力の分散を図ります。
周りに均等に力を分散させるという事です。

「事です」とか、
偉そうに言ってますが、
全くの土素人な訳で、
専門家に見られた赤字だらけになりますね(^_^;)
このブログ。

では実験!!!
竹の筒に土を入れます。

IMG_3841.JPG

半分ほど入れたら、
薄いガーゼで底をしっかりと結わきとめます。

IMG_3845.JPG

細い棒で土を(地面に見立てた)
ツッツキます。

IMG_3830.JPG

不思議な事に、
棒で押してる一点が突き出て破れるのではなく、
全体が押されて、
しかも薄いガーゼが
いくら強く押しても破けません。

IMG_3835.JPG

でも、
土に棒をさすと
窪み、沈みがおきてしまいます。

IMG_3833.JPG

この点を克服する為、
ツリーハウスの大黒柱の地面との接地部分には
砂利をひきます。
電車の線路の枕木の下にも
大小の石がいっぱいひいてありますよね。
力の分散です

参考写真です。
tuyama.jpg

この日の活動のテーマは、
「柱」
です。
午前中の活動が「静」とすると
午後の活動は「動」となります。
過激な…。

昼食タイムです。
IMG_3860.JPG

曇ると少し寒くなりますが、
とても気持ちの良い日です。

IMG_3852.JPG

そして
この日は、テラちゃん、竹谷さんと
差し入れが沢山!!

IMG_3853.JPG

こちらは
秋田の「金萬」まんじゅう。
こちらも、旨し
小澤総監督お手製のクマ。
食べたそうでした〜。

IMG_3858.JPG

実は午前中に大黒柱にする木を
小澤総監督は現場調査をしてくれていました。
山の尾根を歩く小澤総監督。

IMG_3822.JPG

生き生きとした木を
切り倒すことなどしません。
もう、お疲れさまと言えるんだけど、
まだしっかりとしていて、
柱としては十分使える木。
そんな木が、これです

IMG_3869.JPG

メンバーも揃いました

IMG_3861.JPG

いざ

IMG_3863.JPG

現場に着きました。

IMG_3868.JPG

思った以上のデカさに、
一同唖然
チェーンソーでやっつけます。

IMG_3876.JPG

切出しは、
やはり小澤総監督。

IMG_3877.JPG

御代さんも頑張ってます

IMG_3878.JPG

けっこう力が必要です。

IMG_3918.JPG

先が見えてきました。
そこで給油タイム。

IMG_3920.JPG

ここまできました。

IMG_3881.JPG

仕上げはやはり二戸さんです。

IMG_3882.JPG

やっと切り倒すことできました。

IMG_3889.JPG

腐ってしまっているところを除いて、
使えるところ3m以上を切ります。

IMG_3887.JPG

ここからが大変でした。
この太い3m以上の木をツリーハウス施工場所まで運ぶのです。
いかにして…。
まさか、諏訪大社の御柱祭のようには無理で、
とにかく担いで運ぶしかない。
このデカい木を担いで山を下りる

IMG_3921.JPG

久々に担ぎでがありました。
そして一切の余裕なし
すごいシーンが万歳だったのですが、
この大黒柱の山おろしの写真はありません。
写真は無くても、
皆が怪我もなく無事にできたことが一番嬉しい事です。

ツリーハウスのそばに、
今は横たわっている大黒柱です。

IMG_3900.JPG

この角度からも…。

IMG_3901.JPG

こちらからも。

IMG_3906.JPG

この急坂を下りてきたのです。

IMG_3903.JPG

いまは、
ひっそりとツリーハウスの横で
寝そべっている大黒柱。

いよいよ大黒柱の施工になり、
基礎工事も進みます。

今回はかなりきわどい活動となりました。
しかし怪我人を出す事もなく
無事に終える事ができました。

これからも色々と学びがあるはずです。
皆さま、どうぞご参加下さい!!!

すべてはスカウトたちのために。

3FullSizeRender.jpg

posted by 多摩3 勇者たち at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月07日

雨でも、寒くてもボクらはやる気満々!!

まずは9月の活動のおさらいですあせあせ(飛び散る汗)

P9100116.JPG

この写真は9月の2日間に渡る活動終了間近の様子です。
多摩1さん野営場から伐採してきた竹を床に引き詰めました。
小澤総監督の模型、図面が現実のものとして、
形が見えてきた瞬間でしたexclamation×2

この活動後の翌週に台風18号が観測史上初めて九州・四国・本州・北海道のすべてに上陸し、
全国各地に影響を及ぼしました。
台風が通り過ぎた週末、いちよう小澤総監督とツリーハウスの状況確認に行きました。

PA140014.JPG

このように殆どのダメージ無く、
立派に建っていましたぴかぴか(新しい)


そして
10月14日土曜日、10月の活動日です。
この日の朝の天気は小雨、気温14℃と寒い日でした雨

PA140005.JPG

我々スカウトは雨にも風にも低温にも負けませんパンチ

PA140001.JPG

ただし、この活動の場所は
森の傾斜地。
滑る、高所と危険がいっぱいむかっ(怒り)

「安全最優先」であり「安全第一」がもっとうです。
危険予知とその対策を考えるのも大切な事なのですひらめき

従って、雨にも風にも低温にも負けませんが、
絶対に無理はしないのです手(チョキ)


ですから小雨の降り続く朝はミーティング。

PA140003.JPG

ミーティングの内容は
小澤総監督の製作した「今後の作業計画書」ベースに
「補強中間支柱の位置」の学習です。

PA140011.JPG

作業計画書です。

PA140012.JPG

補強の支柱はある位置に置く事により
補強される側は曲がらないのです。
丸鋼パイプと水平な木の板をもって示していただきました。

PA140008.JPG

アップです。
支柱とした木の板が丸鋼パイプの正確な位置に置いてあるので
丸鋼パイプに曲がりがないのでしたるんるん
凄いexclamation×2

PA140009.JPG

雨もやみ、
森の中の地面もほとんど濡れていない(滑らない状態)である事を確認して
ツリーハウス施工現場に入りました。

PA140015.JPG

去年、メンバーで作ったツリーハウスまでの道。
(手すり付きの登り道)
この道を登って行くと
ツリーハウスがあり
その奥に建っているのが
森カフェですクリスマス

PA140016.JPG

そして今日の活動内容。
現場の調査、段取りです。
一度、足場としていた単管の撤去作業です手(グー)

PA140017.JPG

始まれば仕事の早いメンバー。
凄い勢いで、
どんどん単管を撤去をしていきますexclamation

PA140018.JPG

単管の撤去が完了しました。

PA140019.JPG

次の作業の為
資材を一度集めました。
整理整頓 ⇐ これも安全対策なのですexclamation

PA140020.JPG

お昼になり
竹谷さん登場ですパンチ

PA140024.JPG

昼食をとり
午後の活動でするんるん

PA140026.JPG

そして補強中間支柱を立てるために
今一度単管足場の施工です。
急がば回れexclamation
端折った仕事では
いいものはできないのですねーひらめき

PA140022.JPG

床を支える太い丸太の水平確認を行いながら
足場設置作業は進めて行きました。
入念な確認を行う小澤総監督です。

PA140028.JPG

単管を水平にするために
竹下さん、竹谷さんコンビが力を振り絞った作業ですexclamation

PA140031.JPG

なかなか、
日常では見る事のできない雰囲気、表情のお二人さまかと…。

PA140030.JPG

こちらは、てこの原理を用いて
3人がかりで
ぶっとい丸太を水平位置まで引き上げます。
20o〜25oに拘ります手(グー)

PA140033.JPG

ようやく、
10月の目標とする作業が完了しました手(チョキ)
森の日暮れは早いのです。
あたりは少し暗くなりかけていました三日月

PA140040.JPG

このようにして10月の活動も
元気いっぱい、迫力目いっぱい、
そして安全に楽しく終える事ができましたわーい(嬉しい顔)

写真でも分かるように
メンバーは全員ヘルメットは勿論、安全帯も付けています。
高所での作業は安全帯も付けての作業となります。
「そなえよ つねに」

かなり専門的となってはきましたが、
ここには色々な作業があり、
それと同じ発見、喜びや楽しみもあります。

すべてはスカウトのために手(グー)

PA140044.JPG























続きを読む
posted by 多摩3 勇者たち at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月09日

熱い9月の2日間の活動! 2日目

9月の活動の1日目は、
床面の土台となる丸太1本を設置固定、
3本を仮に設置、
4本とも水平の確認を終える事ができました。

そして、
わくわくの2日目の朝を迎えました。
この日より、
菱山さんがご参加していただけました。
手前、二戸さんで白ヘルメット菱山さん。

P9100079.JPG

1日目に仮置きした3本の丸太を
今一度、水平を確認しながら
昨日の1本同様に、
本格的に設置固定していきます。

P9100083.JPG

森カフェの竹とは別もの、
丸太を縛るのは
かなりのレベルが必要あせあせ(飛び散る汗)
とにかくexclamation
眺めていても進みませんexclamation×2
トライするしかないのですひらめき
でも、人命にも関わる問題なので、
当然ですが、
小澤総監督のチェックも厳しいのです。

IMG_3559.JPG

厳しい視線で作業を見つめる
小澤総監督、二戸さん。
そして現場に慣れてきた菱山さん。

IMG_3527.JPG

この丸太レベルでは
梃子縛りの技術が必要です。
さっそく、ご指導いただきましたあせあせ(飛び散る汗)

IMG_3551.JPG

もう何回目でしょうexclamation&question
小澤総監督が
実践訓練をはじめてくれましたぴかぴか(新しい)
申し訳ございませんあせあせ(飛び散る汗)

IMG_3532.JPG

緩み、落下は
絶対にあってはいきません。
総監督の縛りにも
気合が入ります。

P9100086.JPG

午前中の活動は
残り3本の丸太の水平を正確にとり
設置完了して終了。
かなり遅めの昼食となりましたレストラン

IMG_3536.JPG

昼食、コーヒータイム喫茶店もそこそこに
午後の活動の開始でするんるん

いよいよ多摩1団さんから採ってきた
あの竹での床面作りです。
ついに、
ついにこの時が…グッド(上向き矢印)

ちょうどウルフ班の班集会を終えた、
川瀬次長、菱山君が
竹運搬のお手伝いをしてくれていました手(グー)
そして、白石班長も見守ってくれていたんですよーぴかぴか(新しい)
後ほど、出演してくれますexclamation

P9100094.JPG

今度は、作業小屋の横より
ベンチャー隊+ボーイ隊が作ってくれた
階段を使い、
皆で竹を上げていきますパンチ

御代さん、
ガンバっていますexclamation×2

P9100098.JPG

いよいよ、
竹が床を覆っていきますexclamation×2
この作業は、
二戸さん、竹下さんがグッド(上向き矢印)

まずは二戸さん

P9100091.JPG

二戸さん、竹下さんのド迫力いっぱいな作業exclamation×2

P9100103.JPG

ひき詰めた竹の床に乗り作業を行う両名ぴかぴか(新しい)

P9100105.JPG

逆向きからもるんるん

P9100106.JPG

二戸さん、竹下さん、
竹を床面にひき詰め作業完了です。
小澤総監督のご指示で角材を使用しての平面の確認です。

P9100108.JPG

小澤総監督の丸太、床などなど。
確認作業を行っていただきました。

P9100116.JPG

小澤総監督の了解をいただき、
ツリーハウスの床面に上がる森カフェ、白石さん。

P9100110.JPG

ツリーハウスから皆さんを…。
笑顔わーい(嬉しい顔) 笑顔わーい(嬉しい顔)
すごーい印象的でした。

P9100111.JPG

床面を竹で設置完了後に、
メインの2本の床丸太を
しっかり結ぶ小澤総監督です。
小澤総監督、落下防止のために、
もやい結びで体と木を繋げています。
安全帯と同じですね。
まさに、森の職人となっていました手(チョキ)

P9100119.JPG

9月度も事故もなく安全に活動を行うことができました。
有難うございました。
これからは益々、危険予知が必要となります。
安全を第一優先して活動させていただきます。

P9100122.JPG

今後とも、よろしくお願い致します。
また、皆さまのご参加をお持ち申し上げます揺れるハート


P9100082.JPG


全てはスカウトたちのために手(グー)

posted by 多摩3 勇者たち at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記