2019年05月08日

待ちにまった4月13日!!

4月13日 土曜日 
天気:晴れ晴れ
気温:22℃

ツリーハウスの施工はまだまだ続きますが、
床ができましたexclamation
階段ができましたexclamation
手摺ができましたexclamation
今は簡易的ですが屋根もついていますexclamation

P4140142.JPG
手前は作業小屋(テント)
後方の林の中に、
ひっそりとたたずんでいるのが
ツリーハウスです。

そこで小澤総監督がツリーハウスプロジェクトとして、
1つの区切りとご判断されました。
第1ステージの終了です。
プロジェクトはこれからもまだまだ続きますよexclamation×2

そして待ちにまった4月13日です。
この日は
「多摩3団ボーイスカウト活動のツリーハウスプロジェクト、
第1ステージ終了祭
の開催日なのです。

午前中から集まったメンバーの面々。
皆さま、いつも以上にとびきりの笑顔です。

P4130017.JPG

この日の活動計画は午前中は
まずは山火事の後を視察しました。
ハイカーの火の不始末と思われる結果です。
想像以上に危険な状況でした。

P4130009.JPG

かわいそうに
焼け焦げた木々です。
野営場の直ぐ向かいが
火災現場でした。
1つ間違えれば大惨事です。
対岸の火事と思わず、
われわれも色々と燃やす機会があるので
気をつけましょうexclamation×2


視察後は野営場に戻り、
参加者全員でとびきり極上の
立ちかまど作りです。
製作の前に
如何にしてつくるか?
小澤総監督の講習付きでした。

P4130020.JPG


次は竹の選定です。

P4130021.JPG

面白おかしく小澤総監督の講習は進んでいきます。

P4130022.JPG


次は竹の切り方の講習です。
ノコギリで切りながら歯に合わせて
竹を回します。
この作業を行う事により
竹の断裁面が綺麗になるのです。

P4130025.JPG

竹を切り終え、
立ちかまどのどの部分に使うか?
それぞれを分けて並べます。

P4130026.JPG

次は竹を結ぶ麻ひもを,
結ぶ部分の必要量のみを巻き、
作業の効率を図ります。

これは
マジ覚えてたほうが
良いですexclamation×2

P4130027.JPG

麻ひも巻き巻きです。

P4130030.JPG

巻き巻きが終わりました。

P4130031.JPG


そして
いよいよ結びに入ります。
「はさみしばり」です。

P4130034.JPG

「かくしばり」です。

P4130036.JPG

長谷川チーフトレーナーのご指導を受けて,
はさみしばりを行う二戸さま。


P4130039.JPG

すじかいしばりのしっかり行い
立ちかまどは仕上がりました。
指導は多摩三団のエキスパートの方々で、
贅沢な講習会となりました。

P4130050.JPG

皆で作り終え記念写真です。

P4130055.JPG

この日は、
ご多用の方々も駆けつけてくれました。
皆、来てくれて嬉しかったっス。


そして、
待ちにまった
第1ステージ終了祭が始まりましたexclamation×2

我妻団員長にご挨拶ただきました。

P4130065.JPG



小澤総監督のご挨拶&第1ステージ終了祭開催の宣言です。
総監督、後ろ姿の写真で申し訳ございません。

P4130072.JPG


乾杯は
野営場と言えばボーイ隊。
木島隊長にお言葉と乾杯の音頭をいただきました。

P4130079.JPG

突然の振りにもかかわらず、
さすがに見事な素晴らしいスピーチでした。
カンパーイぴかぴか(新しい)

P4130080.JPG

この後も
色々な皆さま駆けつけてくれました。

P4130061.JPG

皆さま、笑顔、また笑顔。

P4130091.JPG


日中に皆で作った立ちかまど。
コック長件、チャンチャン隊長の二戸さんが
美味しいお料理を作ってくれました。
ちなみに、チャンチャン隊長とは、
鮭のちゃんちゃん焼きをものの見事に作っていただいたので、
そのような名前が付きました。

P4130087.JPG

4月の中旬。
少し冷えてきました。
がしかし
会場は燃えていました。

P4130131.JPG

我妻団員長が差し入れて下さった
肉まん&あんまんです。

P4130122.JPG

ホットワインで乾杯です。
竹下さんがお土産にお持ちいただいた
ラムはストレートで最高ぴかぴか(新しい)

P4130128.JPG

こうして、
楽しい、とっても楽しい
第1ステージ終了祭となりました。
ご参加いただきましたすべての皆さま
有難うございました。

P4130135.JPG


そして、
今回は当然の如くですが、
スカウトの姿はなしです。

スカウト諸君
この日だけはお許しくだされ。

P4130059.JPG

すべてはスカウトのためにパンチ
posted by 多摩3 勇者たち at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185971566

この記事へのトラックバック